蛍舞う里からのお便り
ザリガニ
「小龍蝦」 2024年1月号

  新年、明けましておめでとうございます! 本年もよろしくお願いいたします。 イセエビはその髭から中国語名を「龍蝦」と言って、漁獲高は千葉県が全国2位。1位の三重県(伊勢ですね)と合わせて全国シェアの半分ほどの […]

続きを読む
蛍舞う里からのお便り
おしどり
おしどり 2023年2月号

三芳猟区が廃止されて23年、農業用水の貯水池がオシドリの湖に♪ 猟区であった頃にはオシドリ(保護鳥です)まで撃っていたので、肉眼で確認できる距離の開水面でくつろいでいるなんて…夢のような光景です。今年もこの水で田んぼを作 […]

続きを読む
生き物
アカガエル
アカガエル 2022年11月号

台風が来なかった秋も何年振りか?紅葉がきれいです。稲刈り後雨が続いていましたが、10月下旬から晴天が続いてひさしぶりに秋鋤き込み日和に恵まれています。コンバインでの収穫がほとんどとなった昨今、稲わらをできるだけ早く鋤き込 […]

続きを読む
生き物
ザリガニ
ザリガニ 2022年7月号

オホーツク気団が張り出して寒い…と思っていたら、一気に太平洋高気圧が張り出して梅雨がどこかへ行ってしまいました…暑さと湿気に負けそうです…今年も猛威を振るったザリガニですが田んぼの水が熱くなりすぎると稲に登ってきます。風 […]

続きを読む
ライスセンター
れんげ
れんげ 2022年5月号

昨年20年ぶりくらいで花も実もついたレンゲですが、今年は外来種のアルファルファタコゾウムシの猛威再びで、花は咲いたものの食害でほとんどなくなってしまいました…が、さすがに四半世紀経つと害虫に対する耐性も出来、天敵も存在す […]

続きを読む
ライスセンター
桜
稲作開始 2022年4月号

日本人の桜好きは稲作開始の指標となっていたからとも言われています。ここのところ気候の温暖化傾向が続いて、学校の入学式まで持たないような年も多くなっていました。今年も開花自体は早かったのですが、開花してから低温が続き、入学 […]

続きを読む
ライスセンター
トリモチ
年末の挨拶 2021年12月号

一年で一番日が短くなり、4時半に日が沈んでしまいます。しかし、夕暮れの空の色は一年で一番美しいと思っています。今年は最大光度の宵の明星(金星)も輝いています。そして今年はモチノキの赤い実が大豊作です!房総では熊野神社のご […]

続きを読む
生き物
大自然の恐怖 2021年11月号

今年の稲刈りも降雨に苦しめられましたが、まだ雨が続いて田んぼは耕せず、水が溜まって二番穂が錦秋を迎えています。水溜まりにはザリガニがいるのだろうなあ…それを狙ってアオサギやアライグマの姿も。豊かな生態系は輸入資材で地域全 […]

続きを読む
ライスセンター
モリアオガエル
モリアオガエル 2021年6月号

農薬に頼らない米作りは、田植してからが仕事です。今年も暖冬でザリガニが更に大発生!田植えと同時くらいに水を落としているのですが、少しでも深い場所は稲が無くなってしまいます…稲がなくなってしまったところは手で補植…そして、 […]

続きを読む
田植え
れんげ
開いた開いたレンゲの花が開いた♪ 2021年4月号

こんなに咲いたのは20年ぶりくらいでしょうか??レンゲは外来種のアルファルファタコゾウムシに耐性がないらしく、今世紀に入ってからは播いてもほとんど花が咲かなかったの です…今年も食害痕は見られますが、花も実もあります。あ […]

続きを読む